2019年4月18日の更新

  • 2019.04.18 Thursday
  • 02:38

追憶の救世主の続きアップしています。

今はテンポよく執筆できている時期なので、これからもあまり間を置かずに続きを上げられたらなぁと思っています。

サイトの方が今のところ先行していますが、小説家になろうさんの方の投稿も、毎日更新で追いつかせたいですね。

拍手やポイント評価、ブックマークや誤字報告などすべてありがたいです。

 

正直、今のオンライン小説の流行からはかなりかけ離れた作品かなと思いますが

自分の好きなものを書いて、良ければ他の人にも見ていただけたらという気持ちは相変わらずですね。

同じ雰囲気や設定が好きなどこかの誰かが、ひっそりで良いので楽しんでいただける作品になればなぁと思っています。

 

というか、同じ趣味の方の小説を是非読ませていただきたいです。

小説家になろうさんの検索がいまいちよくわかっていなくて、好みの作品を探すのに一苦労です。

その点では、一昔前の検索サイトが乱立していた時代が懐かしいなぁと思っています。

自分の好みの作風の人気作が、今よりは見つけやすかったかな。

私が年を重ねてしまっただけかもしれませんがw

 

私が小説をネットに上げ始めた頃は、作者の方が各々でサイトを持って、そこで公開するスタイルが多数派だった時代です。

あの頃は、宣伝のための検索サイトも多くて、各作者さんのサイトも趣向を凝らしたつくりになっており、サイトも含めて、それぞれの作品の雰囲気を味わうといった雰囲気がなんとなくありました。

現在は、小説投稿サイトも充実して、昔以上に誰でも気楽に、自分の書いた文章を公開できるようになりましたね。

少し寂しくはありますが、文章を読むのにサイトのデザインのこだわりはあまり必要のない事だと思いますし、自動的に読みやすいページにしてもらえるのは、かなりありがたい。

久しぶりにサイトをいじると、ホームページの編集ってなんとも手間がかかるなぁと感じるので、投稿サイトのお手軽感は凄くいいなと思います。

と言いつつサイトを閉じたりしないのは、まぁ思い入れとかいろいろですかね。

そして、このスタイルが好きという方も、どこかにはまだいらっしゃるかなぁという思いもあります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM